*All archives* |  *Admin*

2016/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あかね的たいわ考~お桂師匠
今回ハンドマッサージ+たいわ でセッションするお桂師匠
こと桂子さん。


桂子さんは普段自力整体のナビゲーターをしています。
自力整体というのは読んで字のごとく、
自分の力を使って自分の身体を整えること。

よく、健全な肉体には健全な精神が宿る、といわれます。
心と身体、どちらかだけではだめで
両方がバランスよく整っていることが本来あるべき姿。

桂子さんは身体からのアプローチが得意です。
相手の動きを観察して、違和感を見つけ出します。
たとえば肩の痛みひとつをとっても
単純に肉体的疲労で凝っているだけなのか
なにかこう、~べきとか~ねばで自分を追い込んで
いっぱいいっぱいになっているのか、を見抜きます。

ゆっくりゆっくり身体をほぐして緩めることで
自分の中にあるいろいろ凝り固まったものをほぐすのです。

今度のイベントはスペースや時間の関係でハンドマッサージですが
本来はゆっくり時間をかけたフルセッションです。
私は両方受けたことがあるので、感想を書いてみたいと思います。

フルセッションは、床の上に寝転んで他力整体の形式で
ひねったり伸ばされたり揺らされたり、なすがままに緩められながら
徹底的にほぐされます。
ほぐされながら、時々桂子さんが感じたことを言うのを聞いたり
終わってほっと一息ついてお茶を飲んだりしている時に
思わぬ本音がぽろりとこぼれたり。
答えを与えられるというよりは、ほどけてゆるんだことで
思考も感情も柔らかくなって
自分がすんなり答えを出すのをサポートされる感じです。

ハンドマッサージは時間が短い分、全体的にではなく
特に強くアピールしてくる箇所を重点的にみていきます。

私は左右の手の甲の大きさが違うのですが
それは入れるものと出すもののバランスがうまくいかないからで
そのせいで溜め込む・むくむことにつながる。
特に右側の腎臓が冷えていること
肝臓がとても強くて頑張っていること
そのためにやると良いことや、やめるほうがいいこと
などなどアドバイスしてくれました。


実は桂子さん、今回がイベントデビュー。
緊張してるかもしれませんが
追い込まれると意外にシャンとするタイプです。

スポンサーサイト
あかね的たいわ考

先日、今度のイベントに参加してくださる方から
このブログでのメンバー紹介は、人柄はすごく伝わるけど
普段どんなふうにセッションしているのか?という
具体的なことがよくわからないので
書いてもらえると嬉しい。というメールを頂戴しました。

そうなんですよ!そこなんです。

イベントが始まるずっと前から
「三河のやりかたは独特」と言われていたんですが
私たち、普段は本当にほぼ口コミだけで仕事をしてるんです。

文化の違い、なのかもしれませんが
新しいものにいきなり飛びつくことはない代わり
知ってる誰かが「いいよ」と言ったらあまり警戒しない。
"なんだか知らないけどいいらしいからとりあえずやってみる"
が成立してしまっているんですよね。
だからPRとか告知とか、途方に暮れる。。

なので今日から、『あかね的たいわ考』として
たいわって何ということや、みんなのセッションをうけた感じとか
書いていこうと思います。


ということで、今日は「たいわ」について。
たいわについては、こちらにも書いています⇒たいわって・・なに?

身体と話す、というとやっぱり、なんだろう?
霊感とかそっち系なの?と思われる方は多いでしょうね。
まったく無関係では無いと思うんですよ。
「虫の知らせ」とか「第六感」とか、そういう感覚を人は誰でも持っている筈
使わなくても安全に生きていけるようになったので
よくわからないだけで。


たとえばですけど、
お料理やお菓子作りが大好きな人は
材料を見ていて作るものがひらめいたりしませんか?

本が好きな人は、図書館や書店で膨大な本の中から
これが面白い!という本を見つけるのが得意ではありませんか?

占いの世界で言えば
命式やチャートを見ていると、そこから人物像が浮かんでくるとか
タロットでも、絵柄や配置から浮かんでくるものを読み取っていくとか
水晶リーディングなんかもそうですよね
何かに意識を集中させると変性意識になって海王星領域と繋がる

もともとそういう感覚が強くて得意な方もいらっしゃるし
コツを教えてもらって練習すればだれにでもできます。

そして誰もがみんな「身体」と「明確に」話せるわけじゃないのです。
何と意識を合わせやすいかは人それぞれ。
どんなふうに受け取るかも、人それぞれ。
(私もたいわ講座受けましたけど、身体とたいわするのは苦手~)

人間関係だって、訳もなく苦手だったり
理屈じゃなく好きだったり
なんとなく気が合いそう、という感覚ってありますよね。

なんとなく、とか、上手く説明できないけど気になる とか
そういう自分の感覚を、徹底的に信じるというのが
『たいわ』なのかな、と思うのです。

プロフィール

mkw7

Author:mkw7
愛知県の三河で活動しています。
普段は別々の活動をしていますが、おもしろいことを考えて
やらかしたいときに集結する
熱くて楽しいグループです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。